青葉台地区社協で 「ふれあい演芸サロン」が開催されました。

2017.03.08

 

平成29年2月25日(土)に、青葉市民センターにて

 

「ふれあい演芸サロン」が開催されました。

 

このサロンは、人間関係が希薄な新興団地での出会い、ふれあいの

 

場を作ることを目的に、平成27年4月にスタートして今回で6回目。

 

年4回と回数は少ないのですが、地域のみなさんに喜んでいただけるよう、

 

毎回セミプロ級の方に出演をお願いしています。

 

 

 

事前申込みは不要で、どなたでも参加していただけます。

 

まずは、青葉台地区社協 森田会長のごあいさつから始まりました。

 

 

 

今回は、四部構成。

 

出演順にご紹介します。

 

第一部 落語・紙切り

出演者:粗忽家酔書(そこつやよいしょ)

      本職は高校教師。宗像ユリックスで活動しています。

 

 

 

 

第二部 マジック

出演者:竹内 和男

       タネもしかけもありません。楽しいマジックです。

      光貞市民センターでマジック講座を開催しています。

 

 

 

 第三部 読みかたり 「愛染かつら」

 出演者:音愛の会(おとめのかい)

            穴生学舎(年長者研修大学)のボランティアクラブ。

      老人福祉施設等で幅広く活動しています。

 

 

第四部 舞踏・カラオケ

①日本舞踊  「牛追い峠」

  出演者   白石 春美

         赤ベコと呼ばれた南部牛は足腰が強く、

          米、麦、塩等を運び、山道を牛を追いながら

          唄われた「牛追い峠」は、岩手県民謡です。

 

 

 ②太極拳演舞 「シルクロード」

   出演者    森田 真子

           太極拳は健康、長寿に良いとされ、中国では

                       市民が公園に集まって、練習をしています。

            「シルクロード」の曲に乗せて、アオザイ衣装で

            優雅に演舞しました。

 

 

 

 

 ③カラオケ 「兄弟船」

   出演者   茅原 健二

          先日亡くなった舩村徹の作詞作曲、鳥羽一朗の

          デビュー曲「兄弟船」を歌いました。

 

 

 

 

 ④日本舞踊  「唐獅子牡丹」

   出演者   木村 藤夫

           高倉健主演映画、昭和残侠伝シリーズ「唐獅子牡丹」

            島津亜矢の歌で踊りました。

 

 

 

 

いよいよ、大トリの登場です。

 

 ⑤日本舞踊  「俵屋玄蕃」

   出演者   森田 伸明

            忠臣蔵でお馴染み「俵屋玄蕃」。

            三波春夫の唄にのせて、青葉台地区社協会長が、

            「何人たりとも通さんぞ!」と気迫溢れる踊りを

            披露してくれました。

 

 

 

 

 区社協職員も観客として、第二部から参加したのですが、

 

タネがどこにあるかわからないマジック、初めて聞いた「愛染かつら」、

 

そして、さまざまな舞踏、カラオケ。

 

あっという間に時間が過ぎてしまい、本当に楽しいものでした。

 

 当日の出演者は、森田会長が穴生学舎で知り合った方々とのことです。

 

人と人とのつながりが、このようにサロンや地域行事で生かされる

 

素晴らしい事例 だと思います。

 

  次回は、6月に開催する予定です。

 

  今回以上に盛り上がる演芸プログラムを企画して、

 

  地域のみなさまに楽しんでいただける、「ふれあいの場」を

 

  提供したいと考えています。

 

  どうぞお楽しみにヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

 

若松区