令和3年11月19日(金)有毛公民館で「なかよしサロン」が再開しました。

今回は、講師を江川校区社会福祉協議会 吉住会長にお願いして、「認知症を学ぼう!」というテーマでお話をしていただきました。

講演に先立ち、ストレッチ体操が行われました。

講演では、

 

1 最初に、江川校区の高齢化率が、有毛地区、乙丸地区は、40%代と高く、花野路地区は、10%代と低いことが示されました。

2 物忘れは、加齢によるものも多いが、体験したことを忘れてしまうことは、認知症予備軍の可能性がある。

3 認知症にはさまざまなタイプがあるが、ほとんどが、アルツハイマー型認知症と血栓性認知症である。

4 認知症の症状には、脳の細胞死により引き起こされる症状「中核症状」とその中核症状が引き金で性格、環境、人間関係などの要因がからみあっておこる「行動・心理症状」がある。

5 認知症の予防について、

(1)生活習慣病の治療・毎日の軽い運動・栄養バランスの良い食事を心がけて、脳細胞への血管のリスクを少なくする。

(2)社会参加を通じてコミュニケーションを心がける・脳を使いながら身体を動かす・毎日の知的な活動・毎日する用事、趣味の作業など目的があることで、脳の活性化を図るなどがある。特に、「何をしたらよいか」ではなく、どう刺激のある日常を送るかが重要である。