$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2019.12.09久留米市校区社協連合会と意見交換会を行いました

 

 

 

古前校区で行われている、ふれあいネットワーク活動の中の

 

見守り」の課題共有の方法などを学ぶべく、11月26日に

 

久留米市社協と校区連合会の皆さんが視察に来られました。

 

久留米市は46の小学校区があり、中央・東・西・南・北の5つの

 

ブロックに分かれています。今回は東・西ブロックの校区社協会長が

 

参加され、古前校区の取り組みについて学び、地域の福祉力の

 

向上を目的に意見交換を行いました。

 

古前校区は、おそろいの緑色のベストを着用して意見交換会に

 

臨みました。団結力を感じます。

 

両校区社協の紹介の後は、早速活発な意見交換が行われました。

 

高齢化率43.5%と若松区で一番高く、校区にある小学校も北九州市で

 

一番児童数が少ないのに地域活動が盛んなのはどうしてですか??

 

「83歳になりますが、人のお世話が好きで、見守り訪問を10数軒受け持っています。

 

自分より年上は2人だけですが、耳と足が元気なうちは活動したいです!」と、

 

頼もしい答えがいただけました。

 

また別の方からは「古前が元気な要因は、高齢化率が高いからこそ、みんな明日は我が身と

 

いう危機感を持っている。出来ることはやってみようと思っている人が多いと思います。

 

そして、古前は坂の多い町だから高齢者は毎日上り下りをして鍛えられて足腰が

 

強くなっているのでは。ネットワーク活動の基礎がしっかりしてボランティア活動を

 

生き甲斐と感じている人が多いと思います。」と、お話しされ、我が事として

 

地域の困りごとを考え、みんなで地域を良くしようという風土がうかがえました。

 

 

久留米市の校区社協の皆さまからは、「こんなに質疑応答が充実した研修は

 

初めてです。」

 

「今日は良いお土産が出来ました。会議に警察や消防など専門家も参加して

 

情報をもらって地域に伝えるという素晴らしい方法を学びました。早速地域のみんなに

 

伝えます」との言葉がいただけました。

 

古前校区社協の活発な活動が伝わり、久留米市のお役にたてれば

 

嬉しいです。

 

久留米市校区社協連合会の皆さま、有意義な時間をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.10.21古前校区社協「にこにこサロン」で体力測定が行われました。

 

 

古前市民センターで毎月第2水曜日に開催されている

 

にこにこサロン」に参加しました。

 

今日は年に1度行われている、恒例の体力測定です。

 

受付を済ませたら先ずは、血圧測定です。

 

血圧があまりに高いと出来ない測定があります。

 

 

 

なぜ高血圧を用心しないといけないのかを地域保健係の保健師より

 

詳しく教えていただきました。

 

”というより“将来”脳卒中や冠動脈疾患などの心血管病を

 

予防するために必要だそうです。

 

減塩、体重管理そしてストレスをためないことを心がける事が

 

大切だそうですよ。

 

これは開眼片足立ちを行っています。平衡感覚をみる測定ですが

 

1秒、2秒、3秒・・・・カウントされるたびに体が固くなりグラグラと揺れてしまいます。

 

「どこか一点を見て、肩の力を抜いてくださ~い。」なるほど。

 

 

アドバイスを受けた2回目の方が、ぐんと結果が良かったです。

 

長座位体前屈です。身体の柔軟性をみます。

 

体組成計です。女性の皆さんからは「ここはパスしたいっ。薄着をしてくれば

 

良かった~。」の声がちらほらと。

 

この小さな機械で骨量や水分量まで分かるそうです。

 

この他にも、握力・最大一歩幅・40㎝踏み台昇降を行いました。

 

測定結果を確認します。

 

年齢に比べて劣っている判定が出ても、バランスよく食べて、適度な運動を

 

行い、よく笑って、お喋りを楽しむなどの毎日の習慣で改善されます

 

古前校区の皆さん、いつまでも元気で楽しく、にこにこサロンに参加してくださいね。

 

 

 

2019.09.19古前校区社協 サロンで手作りゲームを行いました

 

古前市民センターで毎月第2水曜日に行われている「にこにこサロン」です

 

 

今日は会長手作りのゲーム大会が行われます

 

このゲーム大会は年に1回行われていましたが、

 

大好評の為、今年より2回行われるようになったそうです

 

これは新作のゲーム「ピンポン玉投げ」です

 

 

 

 

紙コップを利用して作っていますね。

 

なんだ、簡単そう? 力を入れすぎるとバウンドして

 

あらぬ方向へ行ってしまうので、結構難しいそうです。

 

こちらはステックパットです

 

パットゴルフの要領で穴にピンポン玉を入れるのですが

 

床面がバスマットなので微妙な(絶妙な?)凸凹があり

 

 

 予測しない方向へ転がっていきます

 

 

どのゲームも一筋縄ではいきません。面白い

 

今日は活動者も含めて36名の方が市民センターに集まりました。

 

5チームに分かれてゲームを行います。

 

そして、市社協若松事務所へ社会福祉士になるために実習に

 

来ている大学生も参加させていただきました

  

「皆さんと一緒に楽しみたいと思います。よろしくお願いします。」

 

緊張しながらの挨拶でしたが、温かい拍手に思わず

 

笑顔がこぼれました 

 

まっすぐ優しく投げて~

 

狙いを定めて~

 

入れ~~~~

 

作戦会議?

 

あちらこちらから歓声が上がり白熱したゲーム大会も無事終了しました。

 

表彰式です。おめでとうございます

 

会長より賞品が手渡されました。

 

 

残念ながら賞品がもらえなかった人にも、ちゃんと参加賞が用意されていました

 

今回もとても楽しいゲーム大会でした。古前校区の皆さん

 

ありがとうございました。

 

 

 

2019.09.03古前校区社協 社協だよりNO.104が発行されました

古前校区社協だよりを更新しました。

 

クリックして拡大

 

2019.08.19古前いきいきサロンで「やっぱり家にかえるっちゃ」出前講座が行われました

古前公民館で若松在宅医療・介護連携支援センターをお迎えして

 

「やっぱり家にかえるっちゃ」と題し、在宅医療について講座が

 

行われました。

 

当日は、台風8号が北上中で、雨が段々と激しくなってきていて

 

サロンは開催されるかしら? 参加者の皆さんの足元は大丈夫

 

かしら?と、心配されましたが22名の参加がありました。

 

地域包括支援センターもサロンに参加して、『まちかど介護相談室』

 

『休日街かど相談』についての説明も行われました。

 

区役所は遠いし、わざわざ行くのもね・・・と思われている方も

 

いらっしゃると思いますが、ショッピングセンターや

 

黄色地に赤い文字の旗がある、地域の福祉施設でも

 

土曜、日曜や祝日に介護について色々相談ができるそうです

 

さて講座は、近畿圏の在宅医療従事者が作った劇団ザイタクの

 

“ピンピンコロリって無理なん知っとう?”という舞台映像を

 

みんなで鑑賞しました

 

~病気で入院しているお祖父ちゃんは、このまま病院にいるより

 

家に帰って家族と暮らしたいと願います。同居している息子に

 

「そんなワガママ言って治療もあるのに入院していなきゃ!」と、

 

怒られてしまいます。そこに救世主が現れて・・・~

 

分かりやすく誰にでも起こりそうな内容で皆さん真剣に見ていました

 

 

 

続きを読む

2019.05.31古前校区社協 ふるまえ社協だよりが更新されました

ふるまえ社協だよりNO・103が発行されました

クリックして拡大

2019.02.26古前校区社協 小学校で七輪火おこし教室が行われました

古前小学校で3年生を対象にした「七輪火おこし教室」が2月21日に開催されました。

次世代地域活動者育成事業の一環として、毎年3年生を対象に行われています。

2月19日に行われる予定でしたが、あいにくの雨で順延となっていました

今日はうって変わっての快晴です

続きを読む

2019.02.13古前校区社協 ふるまえ社協だよりが更新されました

古前校区社協「 ふるまえ社協だより」 NO.102が発行されました

クリックで拡大

 

2018.10.10古前校区社協「ふるまえ社協だより」を更新しました。

 

古前校区社協「ふるまえ社協だより」NO.100号が発行されました。

クリックして拡大

 

2018.09.25古前校区社協 サロン「にこにこサロン」に参加しました。

古前校区の古前市民センターで毎月第2水曜に開催されている

「にこにこサロン」

さわやかな風が吹く9月12日にお邪魔しました。

 

 

続きを読む

«前へ1 2 3次へ»

若松区