古前校区社協 小学校で七輪火おこし教室が行われました

2019.02.26

古前小学校で3年生を対象にした「七輪火おこし教室」が2月21日に開催されました。

次世代地域活動者育成事業の一環として、毎年3年生を対象に行われています。

2月19日に行われる予定でしたが、あいにくの雨で順延となっていました

今日はうって変わっての快晴です

教室が始まる前に校区社協や協力いただく地域の方で道具や段取りの

確認が念入りに行われています。せっかくの体験です

火傷などしないで楽しく安全に出来るように

食材も人数分あるかな?かき餅と学校が準備してくださったマシュマロもあります

 

校庭の片隅にプランターで栽培しているキャベツがありました

今日一緒に体験する3年生のものです。野菜も作っているんですね。

色々な経験が出来て良いですね

 

3年生がやってきました。楽しみで待ちきれない様子です

お互いの自己紹介をして、まずは火をおこす為に必要なものを勉強します。

 

マッチを使うのも初めてです。危ないので下へシュッと擦ってくださいね。

七輪も木炭を入れるだけではダメですよ。空気口で火力を調節して

風向きにも注意して・・・「へぇ~知らんかった~

子どもたち真剣に聞いています。

 

 火を使うので必ず軍手をつけましょう。

木炭だけでは火はつきませんよ。まずは新聞にマッチで火をつけて

木くずを入れます。つきが悪い時は、消し炭(使用済の炭)も必要です。

ここで、やっと木炭を入れます。お餅を早く食べたいのに火をおこすって

時間がかかるんですね。

昔は大変やったんや!」

うわぁ煙が~

この煙が無くなり炭が白くなって落ち着いたら、

お待ちかねの餅を焼きましょう

硬いお餅がだんだんと膨れて柔らかくなって・・・

その様子を見て大興奮です。普段食卓では調理されたものが

出てくるので、こんなに変化するとは驚きですね。

 

お醤油も用意されていましたが「なんも、つけんでも美味しい~

大満足の3年生です。お腹いっぱい?給食たべられるかな?

みんなで片づけをして、お世話になった皆さんに挨拶をして

終了しました。本当に楽しくて有意義な火おこし体験でしたね。

古前校区社協ではこのほかにも、そうめん流しや伝承遊びなど

1年を通じて子ども達に伝えたいことを社協行事として

行っています。今日の体験も貴重な経験となり、教えてくださった

地域の温かさもしっかりと伝わったようです。

未来の地域の担い手となってくれることを楽しみにしています。

 

 

 

 

若松区