$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2022.11.21ふくしのまちづくり講座を行いました。

11月11日(金)に、安屋公民館でふくしのまちづくり講座を行いました。

今回の講座では、防災をテーマに「自然災害~花房地区のここが心配!」と題して(株)喜楽学舎の古野代表に講師をお願いしました。

最初に安屋自治会の是松会長のあいさつで始まりました

その後、古野先生から花房地区のハザードマップにより行政の考える危険な場所の話がありましたが、本当に危険な場所は、地域住民しかわからない。安屋地区は海の満潮の状況や高波で内水氾濫が懸念され、安屋公民館も水に浸かる可能性があるので、別の避難場所の検討も必要と話がありました。

また、安屋地区に近い畠田から花房小学校から海に向かって頓田断層があり、いつ地震が起こってもおかしくないと注意喚起があり、その時に助けになるのは、行政ではなく隣近所の人。日頃のつながりが大切。「高齢だから」と自治会・町内会をやめない・やめさせない。とにかく「つながっておく」ことが大事と話がありました。

次回は12月9日(金)19時から「防災をまちづくりで考える」をテーマに開催します。

2019.10.08福祉協力員研修を行いました

福祉協力員研修を行いました。

 

2019年9月25日、島郷市民センターで福祉協力員研修を行いました。

 

花房地区はとても広く、島郷市民センターまで歩いて行くことができるのは

 

ほんの一部の方、一番遠い方は6キロ以上も車を走らせないといけません。

 

そんな広い地域の見守り活動をしてくれている福祉協力員さんですが、

 

地域全体で集まる機会はなかなかありません。今回、改めてふれあいネットワーク活動について

 

学び直そうということで、若松区社協主事の出前講座を行いました。

 

 

現在の花房地区の高齢化率を含めた地域状況や、ふれあいネットワーク活動の意義

 

などをお伝えしながら講座は進みました。今後も高齢者の割合は増えていき、

 

ますます地域のきずなが求められることになります。

 

花房地区で、お互いに頼り頼られる関係づくりをめざして、福祉協力員のみなさん、

 

あまり気負わずに地域活動を続けていただきたいと思います。

«前へ1次へ»

若松区