$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2019.10.04第1回 ウェルクラブ活動を実施しました。

 

 

小石赤崎校区でウェルクラブ活動を実施しました。

 

小石小学校、赤崎小学校の4年生の授業(総合的な学習)の一環として

 

取り入れていただいています。

 

第1回目は高齢者のお宅訪問です。

 

小石小学校の様子です。

 

校長先生から「事前に学んだ福祉の授業を思い出して

 

地域の高齢者の方と触れ合ってきてください。皆さんのお世話をしてくださる

 

福祉協力員のいうことをちゃんと聞いて事故なく帰ってきてください。」

 

と、お話がありました。

6班に分かれて訪問をします。各班に2~4名の福祉協力員さんが

 

同行してくださいます。

 

「よろしくお願いします。」

 

「今年は学校の名札じゃなくてニックネームを書いた手作りの

 

名札をつけて行くよ。その方が仲良くなれるでしょ」

 

ナイス・アイディアです。

 

リコーダーや小さな玩具も持っていきます。

 

話のきっかけになれば良いですね。

「こんにちわ~福祉協力員です。今日は4年生のみんなと来ました。」

 

「まぁ、どうぞ上がってください。びっくりしたわ。」

 

とても気さくで優しい方でしたが、児童たちは緊張してなかなか

 

一言が出ません。

 

 

「壁に飾ってある鶴、すごいね。沢山あるね。もしかして

 

手作りかも。聞いてみたら」と、福祉協力員さんが助け船を出してくださいました。

 

小さいものは5㎝四方です。もう、みんなビックリです。

 

「どんなんして折るんですか」

 

「細かいところはピンセットを使うんよ。」

 

近所の病院へ患者さんが元気になりますようにと願いを込め持っていくそうです。

 

温かい気持ちになりました。

 

次のお宅では、ちゃんと用意した質問も言うことが出来、楽しい時間を

 

過ごしました。

 

4年生から来月行われる学習発表会の招待状を渡しました。

 

「ありがとう、忘れないようにカレンダーに書いておくね。」

 

 

こちらは赤崎小学校の様子です。

 

このお宅訪問は両校同じ日の同じ時間に行われます。

 

この日は温かく優しく嬉しい気持ちがいっぱいの小石赤崎校区

 

だったことでしょう。

 

次回は、10月29日に地域の福祉施設の方を講師にお迎えして

 

高齢者・障碍者疑似体験が行われます。

 

 

 

 

2019.03.04小石・赤崎校区社協「第4回ふれあいカラオケ大会が開催されました」

2月24日に小石・赤崎校区ふれあいカラオケ大会が開催

されました

市民憲章の唱和をおこない、校区社協副会長の開会の言葉

で幕を開けました

 

 

続きを読む

2018.12.13平成30年度ウェルクラブ活動を実施しました。

平成30年9月から12月の間に4回、小石・赤崎校区でウェルクラブ活動を行いました。校区にある小石小学校、赤崎小学校の4年生の授業(総合的な学習)の一環としてウェルクラブ活動を取り入れていただいてます。

 

 

続きを読む

2017.11.27ウエルクラブ活動を実施しました。

 

ウエルクラブ活動を実施しました。

 

 平成29年9月から11月の間に4回、小石赤崎校区でウエルクラブ活動を

 

実施しました。昨年度から小石小学校、赤崎小学校の4年生の授業(総合的な学習)

 

の一環としてウエルクラブ活動を取り入れていただいています。

 

 

第1回目は高齢者のお宅訪問、子どもたちは緊張しながらそれぞれが自己紹介を

 

行い、前もって考えていたことを質問し、一生懸命高齢者と話をしました。留守のお宅

 

には準備したメッセージカードをポストに入れます。

 

続きを読む

2017.03.02ふれあいカラオケ大会が開催されました。

ふれあいカラオケ大会が開催されました。 

 

 

 

 平成29年2月25日(土)に赤崎市民センターで第2回ふれあいカラオケ大会が

 

開催されました。

 

 東中14区から15名、西14区から15名の参加を募り、30名の参加者による

 

カラオケ大会が繰り広げられ、自慢ののどを披露されました。 昨年に引き続き

 

今年も会場は満員、大いに盛り上がりました。

続きを読む

2016.04.05高齢者カラオケ大会が開催されました。

 

平成28年3月26日(土)に赤崎市民センターで

高齢者サロンカラオケ大会が開催されました。

校区の高齢者30名が参加し、応援に駆け付けた多数の人で

多目的ホールは満員でした。

参加者は日頃の練習の成果を発揮し、素晴らしい歌声が

ホールに響き渡っていました。

 

校区社協会長の音頭で軽い体操を行い、座りっぱなしの身体をほぐしました。

 

音響は専門家に依頼していたので、かなり良い音でした。

 

カラオケ大会の大トリは校区社協会長の“釜山港へ帰れ” 

花束が贈られ、多くの声援を受けてカラオケ大会は終了しました。

 

最後は会場にいるみなさんが主役の福引大会。

全員に番号札が配られ、当たり番号が呼び上げられるたびに歓声があがりました。

福引に当たらず、はずれ番号を持ったままの人には出口で参加賞が渡され、

全員がお土産を手に帰路につきました。

来年まで1年間また練習を重ねて、次回の大会で披露していただきたいと思います。

 

 

2016.02.03ふれあいサロンが開催されました。

11月に小石地区で行われたA班に引き続き、

赤崎地区で初のサロンが開催されました。

雪がちらつく寒い日でしたがたくさんの方に出席いただき、

大いに盛り上がりました。

三波春夫の歌謡ショーのDVDを観た後、

校区社協会長指導の手遊び体操で笑い、

カラオケわらべ歌をみんなで歌いました。

準備された軽食をいただきながら、

ワイワイガヤガヤおしゃべりタイム。

ビンゴゲーム、ジャンケンゲームで賞品をかけてハッスルした後は、

全員で輪になって炭坑節を踊りました。

とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 


― おまけ ―

校区社協会長は、若さが売りの主事と体力勝負をし、見事勝利を収めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

«前へ1次へ»

若松区