$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2021.07.09修多羅校区社協 「ふれあいサロン」で栄養について講座が行われました

 

緊急事態宣言が明けて7月2日(金)に久しぶりのふれあいサロン

行われました。今日は管理栄養士による栄養講座です。

いつまでも住み慣れた修多羅校区で過ごせるようフレイル予防の食事

についてと、これからの季節、心配な食中毒と熱中症についても

お話しいただきました。

今日の資料です。情報盛りだくさん!!

講座の後は今月のお誕生日の方へプレゼントを参加者の

拍手とともに、お渡ししました。おめでとうございます

 

最後に気象予報士でもある校区社協会長が発達した積乱雲が

帯状に連なり大雨災害をもたらす線状降水帯の説明を行いました。

サロンの翌日には熱海市で大規模土石流災害が起こり、

いつどこで災害が起こるか分かりません。

これからも地域の皆さんに役立つ気象情報や防災のお話を

お願いします。

 

来月8月6日は認知症支援・介護予防センターより

講師をお迎えして、きたきゅう体操を教えていただき

元気に夏を過ごす体力をつけたいと思います。

暑い夏がやってきますが、今日の講座で教えていただいた事を

実践して来月も元気に会いましょう 

 

 

2020.10.20修多羅校区社協「みんなのふれあいサロンが再開されました!!」

市民センターと公民館で交互に月1回開催されている「みんなのふれあいサロン」ですが、

コロナ禍で3月から休止となっていましたが9月4日から再開されました

公民館は、お部屋の広さの関係で残念ながら使用することが難しく

暫くの間は毎月修多羅市民センターで第1金曜日に行うことになりました。

 

感染拡大防止の為、備え付けのスリッパの使用を控え各自で用意することに

なっていますが、校区社協が携帯用スリッパを用意してくださっていました。

その他にも勿論消毒スプレーや検温も実施してサロン開始です。

 

 

9月のサロンは在宅医療・介護連携支援センターによる

“とびうめ@きたきゅう”の出前講演です。

もしも外出先で突然倒れたら?登録をしておくと持病はあるのか?

飲んでるお薬は??などご本人の情報と緊急連絡先が連携している病院に運ばれた時には

検索画面に現れます。「いざという時の安心のために登録をお願いします」

サロンの次の日は大型台風上陸が予想されていました。

実は校区社協の会長は気象予報士さんなんです。

大雨・台風への備えや避難するときに注意する事など教えていただきました。

ニュースでも観測史上最大の台風に匹敵すると報道されていたこともあり

皆さん真剣に聞き入っていました。

 

10月のサロンは認知症・介護予防センターから管理栄養士の先生にお越しいただき

「サロンで健康づくり」より栄養の講座がありました。

フレイルを予防改善するための食生活や嚥下機能について詳しく教えていただきました。

 

 

 

両日とも地域の健康推進員さんによる健康体操とお誕生日月の方へ校区社協より

プレゼントがあり参加者全員でお祝いをしました。

みんなで元気に来て楽しいサロンにしよう』という温かい気持ちが伝わっていきます。

 

次回11月6日は身体を使ったメニューを考えています。内容当日のお楽しみです。校区の皆さんご一緒に

いかがですか?お待ちしています。

2019.08.08修多羅校区でピアノの調べにのせてサロンが行われました

8月2日に嘉藤里美先生をお迎えして、ピアノの音色と

共に楽しいサロンが修多羅市民センターで開催されました。

校区社協会長より、ご紹介がありました。

 

よく通る声で、とても元気な先生です。

 

参加の皆さん、今日は何をするの?少し緊張されているようです。

 

先生は、修多羅市民センターで行われている就園前の子供たちを

 

対象にした“ぞうさんキッズ”にも関わっていらっしゃいます。

 

明るく前向きな先生のお話に、どんどん引き込まれていきました

 

 

クイズをはじめましょう

Q:食べ放題のお店にいる王様は

 

 皆さんが真剣に考えていると・・・

 

「真面目に考えないでくださ~い。楽しくいきましょう」

 

答えは・・・バイキングです

 

Q:遠足の好きな王様は

 

はい、ハイキングです

 

 

続きを読む

2019.06.26修多羅校区社協「黄色いハンカチ運動」を水巻地区の方が視察に来られました

6月13日(木)に水巻町高尾福祉長寿会と水巻町社協が修多羅校区で行われている

 

高齢者の見守り活動「黄色いハンカチ運動」を視察に来られました。

 

高尾地区は一軒家が多く、現在地域の高齢化率は46.6%だということで

 

支え合い・助け合い・仲間づくり・見守りとしてサロン会やふれあい喫茶を

 

行っておられますが、より一層の見守り活動の強化を目指したいということです

 

高尾福祉長寿会13名、水巻町社協2名の皆さんがお見えになりました。

 

両出席者の紹介の後、修多羅校区社協の福祉活動の取り組み

 

について校区社協会長より説明が行われました。

 

その後、各自治会長より7区(集合住宅)18,19区(一軒家)

 

それぞれの地域特性に併せた取り組みの経緯と実施したアンケート内容、

 

アンケート結果による修正点や対策など詳しい資料を使ってお話がありました

 

その中で会長より「高齢者だから寂しいでしょ、不安でしょと、決めつけるのは

 

良くないです。一人でも生き生き楽しく暮らしていらっしゃる方もいらっしゃいます。

 

さりげない見守りは必要ですが」と、仰られたのが印象的でした

 

それぞれが住み慣れた地域で自分らしく暮らしていく。それを同じ地域に住んでいる人が

 

見守って助け合うことが大事なことですね

 

この黄色いハンカチ運動で大切なのは高齢者の参加だけではなく、地域の様々な

 

世代の世帯が行うということです。朝“元気ですよ~”と出して、夕方取り込む・・・

 

よからぬことを考える人に「あっ、ここは高齢者の独り暮らしだ~」と、悪い目印に

 

なってしまいますから

 

防犯対策のためにも沢山の世帯に。また、この地域はご近所全体で見張っているぞ~と、

 

思ってもらう為に“ご近所見守り推進地域”という黄色い旗を様々な場所に立てています

 

 

向こう三軒両隣、誰かが誰かを担当するのではなく、みんながちょっとずつ

気に掛ける地域を目指しています。

 

続きを読む

2019.06.14修多羅校区社協みんなのふれあいサロンが開催されました

6月7日に「みんなのふれあいサロン」が市民センターで開催されました。

前夜は激しい雨が降り、本日も曇り時々雨予報です

 

続きを読む

2019.02.15修多羅校区社協「ふれあいサロン」が開催されました

2月1日 ふれあいサロンが市民センターで開催されました。

修多羅校区では、偶数月は市民センター、奇数月は公民館で交互に毎月1回サロンが開催されています。

3月のサロンがお休みの為、本日のサロンが今年度最後です。と、言うことで

1年間のサロン活動を通じて参加者の皆さんの体力は

年齢別の指標と比べてどうでしょうか

続きを読む

2017.06.12さわやかカフェが開催されました。

さわやかカフェが開催されました。

 

6月2日のサロンでは北九州市健康づくり推進員・福岡県ロコモ予防推進員の

中川紀文氏を講師に迎えて、楽しく健康づくりの時間を過ごしました。

 

準備運動に続き、自分の身体がどの程度動くかの自己テスト、ロコモ体操、

チェアウォーキングと日頃の運動不足を思い知らされる体操を指導して

いただきました。

チェアウォーキングは天候の悪い時など、テレビを観ながら行うことができ、

その上、ウォーキングよりも運動量が多いということでした。

これからの暑い時期には外を歩くよりもいいかもしれませんね。

続きを読む

2017.05.12修多羅校区の元気プランが5年目を迎えました。

修多羅校区の元気プランが5年目を迎えました。

 

                                                                                                     クリックして拡大

続きを読む

2016.11.10修多羅校区2か所目のサロンです。

 

修多羅校区2か所目のサロンです。

 

さわやかカフェは今年6月に修多羅校区の2番目のサロンとして誕生しました。

第一金曜日10:00~ 修多羅市民センターで開催されています。

今回は演芸ボランティアとして活動中の『楽・笑・歌』(らく・しょう・か)の

ウクレレ漫談とハーモニカ演奏。

真っ赤なジャケットに白いパンツで、ウクレレを弾きながら「あ~~、やんなっちゃった~♪」と

登場したとたん、会場の雰囲気があったかくなりました。

その後も、終始笑顔が絶えずとても楽しい時間を過ごすことができました。

続きを読む

2016.01.21とても賑やかなサロンで公民館は満員です。

 

 

開設されて丸1年。

当初年長者いこいの家で行われていたサロンは、手狭になり

公民館に場所を移しましたが、その公民館も今は満員。

近い将来数か所に分散して開催されることでしょう。

サロンでは、毎回その月のお誕生日の方をみんなでお祝いするのが恒例となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«前へ1次へ»

若松区