修多羅校区社協「ふれあいサロン」が開催されました

2019.02.15

2月1日 ふれあいサロンが市民センターで開催されました。

修多羅校区では、偶数月は市民センター、奇数月は公民館で交互に毎月1回サロンが開催されています。

3月のサロンがお休みの為、本日のサロンが今年度最後です。と、言うことで

1年間のサロン活動を通じて参加者の皆さんの体力は

年齢別の指標と比べてどうでしょうか

本日の進行表です

先ずは血圧を測ります。なぜかいつもより高いという方がちらほらと・・・

深呼吸してもう一度・・・

無事に全員、体力測定が行える数値でした。よかったです

「ご自分の体力がどれくらいか測定してみましょう。測定後は

みなさんの平均を出して今後の生活やサロン活動に生かしましょう」との挨拶が

校区社協会長よりありました。

 

体力測定の前に、健康づくり推進員さんの指導によるリハビリ体操をします。

保健師さんから、本日の測定について説明がありました。

 

・握力 ・長座位体前屈測定 ・40㎝踏み台昇降 ・最大一歩幅 ・開眼片足立ち

5種類の体力測定と体組織の測定を行いました。測定項目ごとに

「若々しい」 「年相応」「 おやおや」「あらあら」に数値が分類されます。

中には実年齢80歳代にして身体年齢が50歳代(若々しい)の方も

日々の生活の賜物ですね。

 

測定後は保健師さんから、筋肉の老化(サルコペニア)についての

お話もありました。サルコペニアを予防するには、

① 筋肉量を増やす

② 無理のない方法で運動を続ける

   ストレッチやスクワットそしてラジオ体操でもよいそうですよ。

③ 社会参加を積極的に行い、よく食べよく動く

   運動習慣が無くても、社会参加の「量」を増やしましょう。だそうですよ。

いつものサロンと趣向を変えての体力測定でしたが、皆さんの励みと

なったようです。

次回は4月5日(金)10:00~修多羅市民センターで

ニュースポーツのバッゴーを行う予定です。

 

若松区