$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2019.07.11たかす社協だよりを発行しました

たかす社協だよりを発行しました。

 

                                        クリックして拡大

2019.06.11日帰り視察研修を行いました

                                                   クリックして拡大

 

                          クリックして拡大

   

2019.05.23高須東お話しサロンが開催されました

 

高須東お話しサロンが開催されました。

 

令和元年5月13日に高須市民センターで高須東お話しサロンが開催されました。

今回は、まずゆっくりお話をして、心のリフレッシュ。

福祉協力員さんの手作りお菓子の差し入れもあり、午後のひと時のんびりと

大型連休の過ごし方などに花を咲かせていただきました。

近所で気になる高齢の方はいませんか?という質問に、

ご近所さんならではの耳寄り情報が寄せられ、貴重な情報交換の時間に

なりました。

後半は、脳トレ、口腔体操、きたきゅう体操、EG体操、ひまわり太極拳と

休みなく頭と身体を動かしました。毎月続けているだけあって、

みなさんとてもお上手です。

 

次回の開催は、6月10日(月)です。  お楽しみに!!

 

2018.10.30第3回認知症行方不明者捜索模擬訓練を開催しました。

 

10月20日、高須地区で第3回たかす認知症行方不明者捜索模擬訓練が

総勢85名で行われました。

16のグループに分かれた捜索隊は高須東、北地域で8名の行方不明者役の

方たちを捜索しました。

まず、市民センターでルール説明、声掛けの良い例、悪い例の実演、行方不明者役の

紹介が行われ、担当の地域へと市民センターを後にしました。

 

不明者役の人を見つけたら、練習通り「こんにちは」と目を見て前からやさしく声を

かけます。行方不明者役3年目のベテランさんは、左右違う靴を履いたりし、服装にも

工夫がみられます。役になりきって、鹿児島に行く!とバスに乗り込もうとされた方も

おられたとか。

 

行方不明者を見つけて声掛けをすると同時にリーダーさんは本部への発見の連絡も

します。何時何分にどこで誰を見つけたか、どのような状態だったのか。

連絡を受けた本部では、その情報を聞き取り、地図に発見場所のマークをつけます。

やさしく声掛けができた捜索隊には「ありがとうカード」が渡されます。

捜索時間はあっという間に終わり、市民センターに戻ってからは、地域の病院の先生から

認知症についてのお話があり、その後はグループに分かれて意見交換会です。

来年に向けての貴重な意見がたくさん出され、みなさんの意識の高さを感じました。

初めて参加した小学生もきちんと感想を述べてくれました。

 

今回、高須地区のお隣の青葉台地区からも3名の方が勉強のために参加されました。

どんどん他の地域にも広がって、若松区全体が認知症になっても安心して歩けるまちに

なるといいですね。

 

2018.07.10日帰り研修で朝倉市を訪れました。

 

 

高須地区社会福祉協議会が毎年1回行っている日帰り研修、今年度は

昨年九州北部豪雨で大きな被害を受けた朝倉市を訪れました。

梅雨時期とは思えないくらいの好天に恵まれました。

小石原から朝倉へと進んでいくと、バスの窓から見える景色が

痛々しいものへと変わっていきます。山肌が削られているところ、

ブルーシートに覆われているところ、倒れた木がまだそのままになっていたり

河川には土嚢が並べられていて、今後大雨が降らないことを祈るしかない感じでした。

1年経った今でも被害のすさまじさを物語る当時のままの建物が点在していて、

現地の方々の恐怖が伝わって来るようでした。

 

廃校となった「松末小学校」を訪ねました。門柱は濁流にのまれ、遠く佐賀県の

白石町に流れ着き、廃校式に佐賀から松末小学校の元の場所に戻されたという

話を高須地区の方が披露してくれました。

 

職員室には泥だらけになったコピー機が置かれたままになっていました。

 

TVニュースで黄色いハンカチが揺れる光景を何度も目にしましたが

このハンカチは地域の方、ボランティアの方などが思い思いに

メッセージを書き込んでおられ、1枚1枚読み進むと涙が出そうになりました。

通学路の脇に仮設小屋を建てて行方不明になっている奥様の捜索を続けておられる

男性が偶然声をかけてくださり、話を伺うことができました。

笑顔の素敵な方でした。

 

三連水車も復旧して二日後の稼働に向け、準備を整えている状態でした。

水をたたえた水車を見ることができず、残念でした。

すぐそばの藤井養蜂場で、被害の日の様子を記録した動画を見せていただき

被害の状況などの説明を聞くことができました。

25万匹のミツバチが全滅したそうですが、みなさんの努力で以前と

同じように営業ができているそうです。

午後は大刀洗記念館を訪れ、世界で唯一現存する「零戦三二型」の展示や

当時の映像の記録を通して、「戦争の悲惨さ」「平和の大切さ」を

改めて考えさせられました。

今年度も無事に研修を終えることができました。

「想定外の災害」「平和の大切さ」を再認識する研修となりました。

 

2017.11.24高須地区「第2回認知症捜索模擬訓練」が開催されました。

 

 11月19日(日)、高須地区で第2回目の認知症捜索模擬訓練が開催されました。

 

 「たかす元気プラン」推進の一環として発足した「SOSネットワーク(高須地区

 

社協と地域団体との協働」」の主催で、高須市民センターを拠点として、

 

高須東と北のブロックを捜索範囲とし、昨年の反省点を踏まえ、今年は「声かけ」を

 

重点目標に実施しました。

 

 さわやかな秋冷の朝警察・消防・施設・行政などを含め、子どもから年長者まで

 

3世代の19グループ(1グループ4~5人)110名が参加しました

 

 

9時30分の受付開始前からぞくぞくと人が集まります。

 

 受付を終えて、各自の捜索範囲を確認中   高須市民センター講堂は熱気に溢れました

続きを読む

2017.10.25高須地区社協「いつまでも盛旬!講座」が開催されました。

 

 高須地区で、10月10日平成29年度第1回 いつまでも盛旬!講座を

 

学遊スクールとの共催で開催いたしました

 

 住民の皆さんをはじめ、高須地区社協の皆さん、若松区役所、若松区社協

 

の方にも参加していただき、96名の皆さんが集うなか、盛会に進行しました。

 

 アイスブレイクをはさんで、和やかに始まりました。

 

続きを読む

2017.06.26高須地区社協バス視察研修に行ってきました。

 

  毎年恒例のバス研修。晴天の6月16日(金)に32名が参加して開催されました。

 今年のテーマは、「若松の再発見と介護・予防」

 若松の自然と科学技術の共生を肌で感じようと企画されました。

  まずは、北九州市エコタウンセンター(別館)の見学です。

 

 

続きを読む

2016.11.30高須地区社協「認知症行方不明者捜索模擬訓練」が開催されました。

 若松区で初めてとなる「認知症行方不明者捜索模擬訓練」が、

11月27日(日)に開催されました。

 「たかす元気プラン」推進の一環として発足した「SOSネットワーク

(高須地区社協と地域団体との協働)」の主催で、高須市民センター

を拠点として、高須東と北のブロックを捜索範囲としました。

 

警察・消防・施設・行政などを含め、子ども・家族・年長者など地域の方

129名が参加。

前夜からの雨が降り続く中、開催を心配する声をよそに、9時の

受付開始とともにぞくぞくと集まる参加者の人、人、人

市民センター講堂に設置された椅子はすぐに満席に。

受付を終えて、各自の捜索範囲を確認   高須市民センター講堂は熱気ムンムン 

 

続きを読む

2016.06.29若松区高須地区「たかす社協だより」第4号を発行しました。

若松区高須地区「たかす社協だより」第4号(春・夏編)を発行しました♪

                                                                    クリックして拡大

 

 

 

 

«前へ1 2次へ»

若松区