$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2021.10.14「たかす・ふれあいカフェ」を初めて開催しました

 高須地区社協では、認知症の方を介護している家族の方の語らいの場として初めて開催しました。

(令和3年10月12日13時~14時:高須市民センター)

 この「たかす・ふれあいカフェ」は、市民センターの館長に認知症のことを話す場所がないかと住民の方から相談があったことから始まりました。

 参加者は、6組7名でした。

 まずは、リラックス運動をしてから、参加者の自己紹介が行われました。

 具体的な介護の実態が話される中で、他の参加者から「おむつ給付」や「介護タクシー」についての質問が出て、自己紹介だけで50分を過ぎました。

 予定時間を1時間としていたので、最後に参加者にそれぞれ感想をいただきました。

・話を聞いて皆さんが偉いな、優しいなと感じた。

・イライラする。優しくできない。そんな気持ちのはけ口が欲しかった。続けてほしい。

・何かお役に立つことがあれば、手助けをしたい。

・1日1日を大切に過ごしている。

・認知症介護の初心者なので、皆さんの話をまた聞きたい。

 会長から、何かあれば、近くの福祉協力員や高須地区社協に連絡して下さいと伝えて終了しました。

2021.10.12緊急事態宣言解除明けの10月 サロンスタート!

日曜ひろば(10月3日10時~)開催

 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間中、自粛生活を余儀なくされた8月~9月。10月1日に非常事態が解除され、3日の日曜10時から「日曜ひろば」再開。早速マスク、3密防止、手指消毒、換気に気をつけ「きたきゅう体操」を中心に、スクワットやストレッチで元気回復を笑顔で目指しました。

ほのぼのサロン(10月4日10時~)開催

 

 4日10時から、高須市民センター講堂で「ほのぼのサロン」開催。ロコモ体操・口腔ケアなどを学習。SDGsマンスにちなんで「手話で幸せなら手を叩こう」ソングを練習。また荷物バンドを廃物利用した「篭」が福祉協力員からプレゼントされました。

        (手話ソングを練習)↑

←(荷物バンドの篭)

ゆんたくサロン(10月4日13時~)開催

 4日13時から南憩いの家で「ゆんたくサロン」再開。コロナ禍の医療の話など「自然災害や人災」が話題になりました。また、「孤立死」などを防ぐための「たかすSOSネットワークアンケート」9項目に参加者がチャレンジ。「隣近所のつながり」の大切さを再認識しました。